虎に翼ネタバレ12週!第56話あらすじ(6月17日)【朝ドラ】2024

目次

虎に翼ネタバレ12週:多岐川さんの滝行

1949年(昭和24)1月1日。年末を駆けずり回って準備に奔走した寅子たちでしたが、なんとか東京家庭裁判所を開設することができました。

場面は変わって、2日後の1月3日寅子の自宅です。

タッキー多岐川から

多岐川

すぐに多岐川家に来るように!

と電報が寅子に届きました。

なにごとか!と思い、急いでタッキー多岐川家に向かう寅子です。

多岐川家の玄関の扉を開けて中へ向かい入れてくれたのはヒャンちゃんこと、香子ちゃんですが、やはり表情にはあまり笑顔がありません。

多岐川

待ちかねたぞっ佐田くん!

寅子が案内された庭先へ行くと、そこにはふんどし一丁姿の多岐川さんが精神統一をして佇んでいます。

近くには申し訳なさそうな表情をした汐見さんの姿もあります。

多岐川

明日は、仕事はじめだ。家庭裁判所の発足記念式典が開催される

はい、そうですよ、まさにその準備に忙しい時なのです!

それなのに、何の用事で呼び出されたのかが寅子にはさっぱり理解できません。

多岐川

さぁ、はじめようか!

寅子

え、なにを??

寅子は思わず聞き返します。

汐見さん

ごめんね、急に呼び出して…

汐見が申し訳なさそうに寅子に説明をしてくれます。

汐見さん

多岐川さんは縁起を担いでいつも滝行をするのだけれど、この近辺では好みの滝がないから、自宅の庭で滝行をするのが最近の日課なんだ。。

寅子は桶係として多岐川に呼ばれたのでした。

多岐川

今から、家庭裁判所に必要な5大基本性格を発表する!!佐田君、そ~れ!!!

寅子は必死で(表情も必死)タッキー多岐川に桶で水をかけていきます。

寅子が水をかけるたびに、多岐川の考えた、家庭裁判所の基本理念となる5大基本性格が発表されます。

独立的性格

民主的性格

科学的性格

教育的性格

社会的性格

多岐川の発表を受けて、その場で汐見さんがその場で書き留めていきます。

翌日、家庭裁判所開所の記念式典が行われ、この前日夜に多岐川によって考え出された家庭裁判所の基本理念となる5大基本性格を宣言しました。

虎に翼ネタバレ12週:初代最高裁判所長官の星朋彦との出会い

家庭裁判所開所の記念式典の途中で、タッキー多岐川と寅子はライアン久藤に呼ばれることとなります。

不思議に思いながらも寅子が廊下に行くと、そこには桂場さんの姿と、お隣にもう一人男性の姿が。

初代最高裁判所長官の星朋彦です

寅子に自己紹介をする星朋彦

君が、穂高先生の希望の光だね

穏やかな紳士、といった印象の星朋彦は続けてこう寅子に告げます。

佐田寅子くん。君には東京家庭裁判所判事補兼最高裁判所家庭局事務官として頑張ってもらう

寅子は東京家庭裁判所判事補兼、家庭局事務官に任命されたのです。

ついに裁判官となった瞬間です!

ただし、これまで通り、家庭局の仕事と兼務とはなりますが、裁判官であることに変わりはありません。

すぐに返事ができないでいる寅子をあきれた表情で見ていた桂場さんが言います。

桂場さん

申し訳ありません。彼女は、多岐川さんと同じで変わり者でして…

星朋彦は仲の良さそうな寅子たちの姿を見て優しく微笑んでいます。

くせ者三人に劣らない、くせ者の君なら!

寅子なら、それぞれの理由があって素直になれずにいる子どもたちとも、真正面から真摯に対峙できるのではないか、と星朋彦は思ったのでした。

星朋彦は、寅子をどうやら気に入ったようでした。

虎に翼ネタバレ12週:俺たちの轟&よねさんと感動の再会!

寅子たちは上野の街へと出向き、戦災孤児の実態の調査を行うこととなります。

上野の町には多くの浮浪児達で溢れかえっていました。

寅子たちが浮浪児達に声をかけ、話を聞いていると発芽玄米小橋が浮浪少年の一人に財布を盗まれてしまいます。

寅子が少年を追いかけていくと、少年が駆け込んだ建物には轟法律事務所という看板が掲げてありました。

その建物のある場所は、戦前、よねさんが住み込みで働いていたカフェ灯台だった場所です。

おそるおそる扉を開けて中へと入っていく寅子です。

そこには、よねさんの姿が!

寅子

よねさん……?よねさん!!!

よねさんの姿を見て、喜びのあまり、寅子がよねに駆け寄ろうとします。

よねさん

こっちに来るな!!!

寅子を見たよねは、最初は驚きと喜びの入り混じった表情をしたかと思うお、すぐにそれを振り切る湯尾に大きな声で叫ぶのです。

建物の中には、もう1人誰かの姿がありました。

俺たちの轟

佐田…?…おまえ…生きていたのか!!!

今にも泣きそうになって立っている男は、まぎれもなく俺たちの轟でした。

俺たちの轟

よかった…!…本当に良かった…!!!

俺たちの轟は嬉しそうに寅子に声をかけ、その眼にはきらりと光るものが…。

寅子を追いかけて、轟法律事務所には小橋と稲垣も入ってきました。

2人の姿を見て俺たちの轟が驚きのあまり声を失っています。

俺たちの轟

おっ…おま、おまえ…!…なんで、ここに…!?!?

轟法律事務所は、喜びと涙と驚きでいっぱいの、感動に包まれた状態となりました。

虎に翼ネタバレ12週:登場人物のキャラがみんな濃い!

第12週の登場人物も、月曜日から非常に濃いキャラクターとなっております。

まずはこの方、タッキーこと多岐川さん。

ちょび髭が印象的な多岐川さんは寅子の上司ですが、滝行をしたりするところもそうですが、今後の物語の展開でも、熱い男であることが垣間見れそうです。

【虎に翼】タッキー(多岐川幸四郎)のモデル宇田川潤四郎とは?役は滝藤賢一(朝ドラ)

次に濃いキャラクターと言えば俺たちの轟です。

かつての学友との感動の再会を果たした轟さんは、ずっと泣いています。

どこまでも熱い男、轟さんです。

【画像40選】戸塚純貴がかっこいい!轟太一のモデルは?(虎に翼)

ある意味ライアンも濃いキャラです。

寅子はライアンと出会った当初

寅子

何この人…うさんくさい…

と思っておりました。

【虎に翼】ライアン(久藤頼安)のモデル内藤頼博とは?なぜライアンとサディ?役は沢村一樹(朝ドラ)

さらにさらに!

甘いものが大好きな桂場さんもかなりキャラ立ちしています。

桂場さんは虎に翼の物語の序盤から登場している人物で、かつては寅子の母のはるさんと言い合い(?)になったこともありました。

【虎に翼】桂馬等一郎のモデルは石田和外!役は松山ケンイチ(画像)朝ドラ

虎に翼ネタバレ12週:次話【第57話】

虎に翼ネタバレ吹き出し12週!第57話あらすじ(6月18日)【朝ドラ】2024

【第57話】

虎に翼第13週のネタバレ・あらすじ一覧はこちらです。

虎に翼第14週のネタバレ・あらすじ一覧はこちらです。

虎に翼第15週のネタバレ・あらすじ一覧はこちらです。

虎に翼第16週のネタバレ・あらすじ一覧はこちらです。

虎に翼第17週のネタバレ・あらすじ一覧はこちらです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次