虎に翼ネタバレ14週!第68話あらすじ(7月3日)【朝ドラ】2024

こちらの記事では、虎に翼の14週のネタバレとあらすじを記載していきたいと思います!

フランス人ハーフの栄二を救え

寅子は日本人の男性とフランス人の女性の離婚調停を担当することとなります。

二人の間に生まれた栄二は窃盗事件を起こすような問題児であったため、両親ともに親権を手放したがっていたのです。

両親の、責任を押し付け合う姿に心を閉ざしていく栄二。

寅子

ご両親の愛情を受けられていない栄二…。
かわいそうに…こんな状況じゃ、無理もないわ…

そんな栄二を心配した寅子は、なんとか栄二を救う方法はないものかと模索します。

一方、場面は変わって最高裁では「尊属殺の規定」に関する、ある判決が言い渡されます。

全15人の最高裁判事の中には穂高先生の姿もありました。

先生は最後まで、反対意見を述べますが、反対意見を述べたのは15人中穂高先生を含めてたった2人のみでした。

穂高先生

私は結局、雨だれの一粒でしかなかったのか…

そんな中、穂高先生の退任式が開催されることとなります。

【第67話】【第69話】

目次

虎に翼ネタバレ14週:フランス人のハーフの栄二

日本人の男性とフランス人の女性の間に生まれた栄二。

父も母も親権を手放したがっている状況下では、非行に走りたくなる栄二の気持ちもわからなくはありません。

【虎に翼】栄二のモデルは?役は中本ユリス!フランスと日本のハーフ(朝ドラキャスト)

虎に翼ネタバレ14週:穂高先生再登場!

寅子の恩師である穂高先生が再登場します。

穂高先生のモデルとなった人物は、なんと有名なあの方の孫で、実在する人物なのです。

【虎に翼】穂高重親先生(教授)のモデルは穂積重遠!渋沢栄一の孫(画像)

虎に翼ネタバレ14週:次話【第69話】

第69話はこちら

【第67話】【第69話】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次