朝ドラばけばけネタバレあらすじ!ヒロインキャスト【2025後期】

令和7年(2025年)後期の朝ドラ(NHK連続テレビ小説)は「ばけばけ」です!

目次

朝ドラばけばけネタバレあらすじ:ヒロイン松野トキの生い立ち

明治時代、松江に一人の女の子が誕生します。

トキがが生まれたのは上級士族の家でしたが、無事の時代は既に終わりを告げており、トキの父は家族を養うため事業を手掛けることとなります。

しかし、その事業も軌道には乗らず、トキは貧しい生活を強いられることとなります。

世の中は大きな変化の渦の中にありました。

トキはそんな目まぐるしく変化する時代の流れにいまいちついていけず、また自分自身の居場所も感じられずにおり、時代の流れに取り残されそうになっていました。

朝ドラばけばけネタバレあらすじ:外国人講師の住み込み女中の仕事

そんな中、トキに仕事の話が舞い込みます。

その仕事とは、外国人英語講師の住み込み女中のお仕事でした。

当時、外国人の存在はまだまだ日本では珍しい存在です。

そのような仕事を引き受けることなど、周囲からは偏見の目で見られることを覚悟の上で引き受けたトキです。

トキが仕えることとなったその外国人講師は、どことなく寂し気な影のある、ギリシャ生まれのアイルランド人でした

朝ドラばけばけネタバレあらすじ:二人の共通点

この外国人講師の生い立ちは悲しいものでした。

幼いころに両親に捨てられた彼は、遠く離れた異国の地である日本に、ようやく自分自身の居場所を見つけたと感じていたのです。

・今までの人生で、自分の居場所が感じられなかったこと

・怪談話が大好きなこと

トキは、そんな彼にこのような共通点を感じていました。

二人はやがて夜な夜な怪談話を語り合って盛り上がったり、距離をどんどんと縮めていく事になるのです。

朝ドラばけばけネタバレあらすじ:モデルの小泉セツと小泉八雲の生涯

小泉セツの生涯

慶応4年(1868年)出雲松江藩の小泉家、士族の娘として誕生し、セツと名付けられる。
生後わずか7日で子供のいない親族稲垣家の養女となる。
明治19年(1886年)婿養子の前田為二と結婚するが、稲垣家の困窮に耐えかねた夫は家を出て行ってしまう。
明治23年(1890年)前田為二との婚姻関係を解消して、セツは稲垣家から小泉家へと戻る。
明治24年(1891年)2月にハーン(小泉八雲)の家の住み込み女中として働き始める。
8月にハーンと結婚。10月には熊本県に転居。
明治35年(1902年)神戸、東京と牛込区への転居を経て、さらに西大久保に転居。
このころより、ハーンの体調が芳しくなくなってくる。
明治37年(1904年)ハーンが狭心症のため54歳で死去。トキ36歳。
昭和7年(1932年)2月18日、64歳でトキ死去。

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の生涯

1850年6月27日にイオニア諸国レフカダ島(現在のトルコ)で生まれる。
レフカダ島が「ラフカディオ」の名前の由来となった。
1854年両親が離婚。父と母のどちらからも引き取られず、父方の大祖母に育てられることとなる。
大祖母は厳格なカトリック信者で厳しく育てられる。
1869年渡米する。流暢なフランス語の語学を生かして、ジャーナリストとして活躍。
1890年
(明治23年)
アメリカの出版社の通信員として当初は来日する。
日本が気に入ったハーンは来日後、アメリカの出版社との契約を破棄する。
そして英語教師としてそのまま日本に滞在する道を選ぶ。
1891年
(明治24年)
41歳の時に小泉セツと結婚。
1904年
(明治37年)
狭心症により54歳で死去。

朝ドラばけばけネタバレあらすじ:キャスト

松野トキと家族

松野トキ(演:未定)

上級藩士の家に生まれるものの、武士の時代は終わりを告げたことから貧しい幼少時代を過ごす。

ハーン(小泉八雲)と周りの人々

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)(演:未定)

怪談話が大好きな一風変わったギリシャ生まれのアイルランド人。日本が気に入って永住することを決意する。

楽天ブックス
¥550 (2024/06/30 13:36時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天で探す
\商品券4%還元!/
Yahooショッピングで探す

朝ドラばけばけネタバレあらすじ:放送予定

2025年(令和7年)後期

朝ドラ(NHK連続テレビ小説)として放送予定

NHK総合
月~金 午前8:00~8:15 / 午後0:45~1:00

BSプレミアム
月~金 午前7:30~7:45 / 午後11:30~11:45

朝ドラばけばけの詳しいネタバレあらすじ

詳しいネタバレ・あらすじは、情報が公開され次第、順次記載していきます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次